2017年06月21日

予約開始

と、いうことで、予約してしまいました、バンダイ1/72ミレニアム・ファルコン号。いまのところ唯一の販売窓口であるプレミアムバンダイはキャンセルを受け付けていないので、即ち購入決定ということです。

もう少し情勢を見てからにしようかとも思っていましたが、今回の生産分には限りがありますなどと煽られては黙っていられませんでした。ううむ、いままでに買った単品プラモの中では最高金額の43200円、さすがに胃が締め付けられます。

まだバンダイからは発売日の正確なタイミングは発表されていないようですが、情報サイトなどによると8月28日とのこと。まだ二ヶ月ちょっとありますが、楽しみです。

ただ、気になる点がひとつ。今回バンダイさんは『1.7mサイズの撮影用モデルの完全再現』を謳い文句にしてファルコンをプッシュしています。ご存知でしょうがスターウォーズのビークルのプロップには撮影上の邪魔になるとの理由で、キャノピー、透明なガラス(?)部分がついていません。

当然それを再現するわけですから、プラモの方もクリアーパーツはナシということになります。これまでにバンダイが発売してきたビークルには、一部キットを除いて、キャノピーの枠だけのパーツと、きっちりガラス部分も再現したクリアーパーツがふたつついていたのですが、今回はそのアナウンスがいまのところありません。

コアなスターウォーズファンのモデラーさんは、いままで種々発売されたビークルにおいて、このキャノピー部分をくりぬいて枠だけにするという工作を定番として行っていますが、自分は別にプロップの再現モデルが欲しいのではなくて、あくまでスターウォーズ世界のビークルのプラモが欲しいのです。だからプロップにガラスがついていなくても、劇中の設定でそこにガラスがあるのなら、しっかりそれを再現したプラモを望むのです。

どうでしょう、いままで枠だけとガラス入りのパーツが両方ついていたんだから、今回もついていると見るべきでしょうか。それとも完全再現の名に則って枠だけのパーツしかないのでしょうか。新たな情報が出るまでどきどきです。なければないでバキュームフォームでもして自作する…なんて技術は持ち合わせていないので…。

posted by 新・極天紅 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ついに…!

millenniumfalcon_72_1_special_01.jpg

バンダイから1/72ミレニアムファルコン今夏発売の告知が! しかもエピソード4バージョン!

いやあ、いつぞやのどこぞでのホビーショーかなにかに参考出品されていたから、いつかは出るとは思っていたけど、こうして発表されると感慨深いものがあるなあ。

ファインモールドの1/72ファルコンは結局買えなかったし、今度こそは。既に製作済みの同スケールXウイングと並べたいもんね。

なんてね、ウキウキしてたんですよ、お値段を見るまでは。

43200円。

いやね、まあ、するよね、そのくらいは、うん。

貯金しますから在庫切れにだけはしないでください…。

posted by 新・極天紅 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

大後悔しないための布石

dkj7.jpg

大航海時代5をやってます。ブラウザゲームですが楽しいです。過去には無印の大航海時代と大航海時代オンラインをプレイしていたことがありますが、5は手軽に出来るのがよいです。

dkj6.jpg

交易をしたりできます。

dkj5.jpg

発掘もできます。

dkj4.jpg

戦闘もやれます。メインシナリオを進めると航海できる範囲が増えますが、なかなか難しいのでここのところは戦闘一本槍でプレイ中。

ところでなぜ急に大航海時代に手を出したかというと。

dkj.jpg

ご覧の通り、アトリエシリーズのキャラが手に入れられるコラボ企画があったからです。アトリエシリーズは初代のマリーと、トトリ、メルルしかプレイしていませんが、好きなんですよねえ。

dkj2.jpg

トトリも手に入れてあります。

dkj3.jpg

スケさんもいます。スキルが優秀です。あとひとり、ロロナを未入手なのが残念。

で、それはそれとして。

sno.jpg

このセットが欲しいのです。ほんとはスノウマンだけが欲しいんですが、あれは限定品なのでいまとなってはこのセットを買わないことには入手できません…たぶん。

しかしこのセット、アマゾンで約一万円します。一万円…ちょっと、というか大分考えてしまいます。でもこのセットからして限定品なので、買っておかないと入手できなくなる可能性が大。ううむ。

ton.jpg

で、このセットにおあつらえ向きのガレージキットが出ていたりして。トナカイガール。

san.jpg

そしてサンタガール。どちらも約四千円。全部購入すると二万円近い出費に。これはちょっと現実的じゃない。

non.jpg

そこでこのキットです。これはすでに予約してあります。ノンナです。カチューシャです。ガルパンのキャラですが、ロシア色の強いキャラなのでスノウマンにぴったり。スケールも1/20で同じ。これはもう並べて飾るしかないでしょう。世界観はめちゃくちゃですが気にしません。以前買ったガルパンデカールからプラウダ高校の校章を貼れば、あっというまにマシーネンクリーガーとガルパンの融合です!

と、現在自分を追い込んでいます。はやく買わないとなくなりそうで怖い。

posted by 新・極天紅 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

移設中

auのHP代理公開サービスがそろそろ終了するので、はまち天国の移設中です。とりあえずここへのリンクと小説の移動が完了したので暫定公開中。このブログの左側にあるはまち天国のURLも変更しました。

それにしても、移設先のHP作成方法がまだよくわからなくて四苦八苦。FTPもHTMLもつかわずに作成出来るのはいいとして、やりたいことがどうやったら出来るのか五里霧中。

そのせいか、なんだかとても昭和の香りのするサイトデザインになってしまっています。小説もガッタガタに表示されてしまっているので、なおしていかないといけないなあ。

以上、おしらせでした。

posted by 新・極天紅 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

欲しいもの

紫電改のマキやら宮藤芳佳ちゃんやら、積んであるキットがあるにも関わらずに次は何を作ろうかとアマゾンあたりを物色していたら、ちょっと凄そうなのを見つけました。

rc166.jpg

タミヤの1/12オートバイシリーズから、RC166です。レトロバイクなのに定価五千二百円とお高めな設定、高級感の漂う箱絵など、お、と思って見てみれば、ホイールセット、フロントフォークセット、チェーンセット、リベットセットなど、ディティールアップパーツもたんまり別売りされている様子。

これは相当リキの入ったキットだなと思い、ホビーサーチ(説明図の写真まで載っているので事前に必要塗料なども調べられるお役立ち通販サイト様)で中身を調べてみれば、なるほど、これはお高いはずだと唸ってしまう内容でした。興味のある方は下記URLからどうぞ。

http://www.1999.co.jp/10224235

これは作ってみたい。出来れば別売りパーツも全部使って。でもそうするとお値段が…と煩悶しております。キットだけでも買ってしまおうかなあ。発売された年が2009年なのに、どうしていままでチェックしていなかったのかと後悔しています。

それにしても。いいよねえ、レトロバイク。むかーし自分もスズキのバンディット400LTDというヨーロピアンカフェレーサー風のバイクに乗っていました。

ltd.jpg

画像はシリンダーヘッドの赤い『V』ですが、自分のはノーマルのものでした。グラマラスなロケットカウルが自慢だったけど、友達からは散々族車だ族車だといじられたっけなあ。

いままたバイク熱が高まってきて、バイクが欲しくて仕方ありません。

est.jpg

このカワサキのエストレヤなんかシブくてカッコいいなあと思うんですが、なにせお値段が五十万をこえるのでなんとも…。せめてどこかがプラモで出してくれたら、それを買うのになあ。

posted by 新・極天紅 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

冬季迷彩習作

タミヤ1/48U号戦車A〜C型完成。

IMG_0130.jpg

冬季迷彩の練習兼某氏への貢ぎ物として製作しました。当初はKV-2かT-34でやろうと思っていましたが、売ってなかったのでU号です。このキットのU号はフランス戦線にいた車両なので冬季迷彩はありえないと思うんですが、そのへんは考えていません。

ううむ。難しいです冬季迷彩。はじめは筆で塗ってそこらじゅう剥げ剥げにしようかと思ってたんですが、某氏がうっすらカドが透けているくらいが好みだと言っていたのでエアブラシで塗装しました。こういうとき、デカールはどうするんでしょうか。白の上から貼るのが正解なのか、そこだけ塗らずにおく、あるいは剥がしてしまうのが正解なのか。たぶん車両ごとに違うんでしょうけども。今回はうっすらデカールの上にも吹いてしまいました。

アマゾンあたりでKV-2でも買って、もう一回練習したいなあ。

posted by 新・極天紅 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

チャリンコ

タミヤ1/35ドイツ歩兵自転車行軍セット完成。

IMG_0125.jpg

だいぶまえに、某氏改め元自衛官氏に買ってもらっていたキット。ようやく銀輪部隊の完成です。なんというか、謎のチョイスです。

このキット、フィギュアのポーズが三種ありまして、自転車に乗ったもの、自転車を押して歩くもの、立ち止まったものの内、二体を選んで製作するようになっています。なぜ二体かというと、自転車が二台しか入ってないからです。

で、自分は自転車を押して歩くものと、立ち止まったものを選択しました。なぜって自転車に乗ったものは自立ができないから。ディオラマ作るわけじゃないしねえ。

IMG_0126.jpg

結果、ランナーの都合上二体入っていた立ち止まったものの一体、自転車に乗ったもののフィギュア一体、計二体が丸々あまりました。

もったいないな。なんかに使えないかなこれ…。


posted by 新・極天紅 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ガチャガチャ

IMG_0124.jpg

プラモ屋さんにいくたびに気になっていたガチャガチャをやってきました。キノコとアマガエルシリーズ、一回四百円。ちょっとお高いけどいいデキです。アマガエルかわいいよアマガエル!

posted by 新・極天紅 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

私は改になりたい

タミヤ1/72紫電11型甲完成。

IMG_0123.jpg

新橋のタミヤプラモデルファクトリーで某氏に買ってもらったキット。紫電改ではなくて紫電をチョイスするあたりが某氏らしい。

72の大戦機をつくったのは五年ぶりくらいだけど、コレクションするにはいいサイズだなあ。なんかこう、眺めているとどんどん集めたくなってくる。

posted by 新・極天紅 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

世界のペリスコープから

タミヤ1/48JS-2、M26パーシング、V号突撃砲B型完成。

IMG_0122.jpg

クロムウェルを贈らせていただいた某氏より製作依頼…というか無理をいって買ってもらったに等しいJS-2とパーシング。こちらはクロムウェルと同じくまったくの汚しなしで完成。

JS-2の識別帯、手描きの雰囲気を出そうとフリーハンドの筆塗りでやったところ、必要以上に手描き感満載になってしまい後悔しきり。マスキングすればよかった。リペイントしようかとも思ったけれど、塗料がなくなってしまい断念。お詫びの意味を込めて、先日新橋の串かつ屋さんで奢ってもらったときに近くにあったタミヤプラモデルファクトリーで購入したV突を追加製作。

V突は汚しを入れてもいいよとお許しを頂いたので好き勝手に入れる。三種共に発送済みなのでもう手元にはない。クロムウェル共々どっかに飾ってやってください。

某氏、どうやらロシア戦車は冬季迷彩がお好みの様子。JS-2は塗料が手元になかったのでロシアングリーンで仕上げたけど、今度はKV-2かT-34を購入して試してみよう。まだ冬季迷彩はやったことがないので、どうやったらいいだろうかと思案中。下地がうまいことかすれて見えるように仕上げたい。

posted by 新・極天紅 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ここも腐海に沈む…

バンダイ1/20カイに乗るナウシカ完成。

IMG_0114.jpg

ふらふらっと購入したキット。懐かしい。ツクダが出していたころに作った覚えがあります。このキットはバンダイが色々と改修を加えたものですけど、作っている時の気分は昔と同じでした。

IMG_0118.jpg

モノがモノだけにエアブラシの出番はほとんどなし。ほぼ苦手な筆塗りで頑張りました。ほんとに目がついていかなくて、本気でルーペの購入を思案中です。瞳がデカールじゃなかったら完成しなかったかもしれません。

IMG_0119.jpg

苦手は苦手なりに、やっているうちに筆塗りが楽しくなってきました。王蟲とナウシカも買ってしまおうかなあ。あと写真がどうしてもピンボケになってしまうのはどうにかならないものか。粗が隠れてボケてるほうがいいのかもしれないけど。

posted by 新・極天紅 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

惚れるより慣れろ

タミヤ1/48クロムウェルMk.IV完成。

IMG_0112.jpg

お世話になっている某氏にいい物をもらったので、お礼に送りつけるクロムウェルです。某氏の希望により汚しは一切なし。ドライブラシはもちろん、スミ入れもしない状態での完成です。

クロムウェル、単純な四角で弁当箱みたい。かっちょわるい戦車だなあと思ってたけど、作ってみるとこれがなかなかカッコいい…ような気がしてきた。イギリス戦車もいいものだなあ。収穫収穫。

というわけで某氏、近々送付するのでどっかに飾ってやってください。

posted by 新・極天紅 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

でかくておもい

ハセガワ1/48VF-1Sストライクバルキリー完成。

IMG_0108.jpg

完成しました、フォッカー様のストライクバルキリー。ノーマルバルキリーのスマートな外観から一変して、重量感のあるずんぐりむっくりが強そうです。1/48は思ったより大きくて、小スケールの精密さもいいけど、大スケールの存在感もいいよなあ、と眺めながらニヤニヤしてます。

IMG_0109.jpg

それにつけても、大きさはともかく重量も結構あったりして、脚が破損しないかとひやひやしてます。移動させるときは緊張します。

IMG_0110.jpg

とりあえずパソの上に鎮座ましましておられます。移動が怖いので、たぶんここが定位置になると思われます。

posted by 新・極天紅 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

機首

IMG_0106.jpg

1/48ストライクバルキリーの機首部分。あるかなきかのスキマから塗料が吹き込んで、キャノピー内部のフロント部分が若干の曇りガラスに…。

ひっぺがしてリペアしたいところだけど、流し込み接着剤でガッチリくっついてるのであきらめる。無理やりひっぺがしたら、絶対いまよりひどいことになる。なるに違いない。

このキャノピー内部のヨゴレ問題、だいたいのヒコーキモデルでやらかしてしまう。自分の組み方が甘いのか養生がなってないのか。

いっそ塗装前にキャノピーを接着するのをやめてしまおうか。そういえば昔は塗装してからくっつけてたっけな。

そしてデカールにもワナが潜んでいた。機首サイドの統合軍マークを横切る黒ライン。1/72モデルでは後方のバトロイド・ヘッド格納庫のサイドまで機首部分として成型されていたので、ラインのデカールはペタリと貼り付ければそれで済んでいたところ。

1/48では格納庫のパーツが別パーツになっていた。デカールを貼って、やけに後端が余るなあ…と思ってはじめて気がついた。説明図を見れば分かったところなのに、1/72と同じつもりでやってしまった。デカールを貼るなら組み立てが終わってからにするべきだった。

とはいえこの部分、組み立てを終えてから貼るには入り組みすぎていてめんどくさい。たいした手間でもないし、塗装で済ませば却ってラクチン。結果オーライと思うことにする。組み立ててから塗装に切り替えるとなると、さらにめんどくさいことになるので。

posted by 新・極天紅 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

糖分は当分

IMG_0099.jpg

某氏から加工黒糖20キロがいきなり届いた。これで糖分には困らない! というかどうしようこれ!

posted by 新・極天紅 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

次のエモノ

IMG_0098.jpg

箱でっか。上にのせた1/72VF-1がちっこく見える。現用(?)ジェットとしては小柄なVF-1も、48だとさすがに大きい。

というわけでハセガワの1/48ストライク/スーパーバルキリーを買いました。せっかくウエポンセットも買ってあるし72で統一しようかなとも思ったんですが、見栄えがしそうなので48です。

ほんとはタミヤの48F-14を狙ってたんですけどね、あれ、使用塗料が40色くらいいるんですよ…。持ってるぶんを差し引いても相当の出費になりそうなので、それなら72ですでに塗料が揃っているVF-1にしようと。毎回プラモ買うときに悩むんですよね。キット本体より塗料代のほうが高くつく場合がままあるので…。

このキット、ストライクとスーパーのコンパチですが、やっぱりVF-1といえばロイ・フォッカーなので、製作は自動的にストライクでということになります。実は見た目としてはスーパーのほうが好きなんですけどね。ロイ様の魅力には抗えません。

あとついでにクレオスの特色、紫電改用塗料セットも買いました。これで積んである1/32紫電改マキバージョンも作ってしまうつもりです。

posted by 新・極天紅 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ミレニアムファルコンでむせる

バンダイ1/144ミレニアム・ファルコン完成。

IMG_0091.jpg

那珂と同時進行で作っていたファルコン。出たときから気にはなっていたけど、1/144というスケールとエピソード7バージョンというのがひっかかって購入していなかったキット。もし1/72でアンテナが丸型のエピソード4〜6バージョンだったら即買ってたよなあ。

なんて思ってたけど、いままで買わなかったのがバカだった。少ないパーツですごいディテール。バンダイはちょっとどうかしている。肉厚で頑丈ながら、開口部のフチなどは薄くしてあるのでリアリティもアップ。とにかくすごい。ぜひ1/72でも出していただきたい。絶対に置く場所ないけど。

とりあえず塗装は指示通り(といっても基本のホワイト+ガルグレーの混合比をしくじったらしくグレーよりになっちゃったけど)にして、色分けは一部を除いてデカールで。ウォッシングはただでさえエナメルシンナーに脆いとされているバンダイのキット、しかもスナップフィットであちこちテンションがかかっているわけで、クラック入れるのもいやだなあと思い水性ホビーカラーで行ったのですが。

ふき取りで落ちない。塗料がうまく落ちてくれない。下地がつや消しってのもあって、滲んだ黒がどうしても落ちてくれない。仕方ないので基本色で塗りなおしておとなしくエナメル塗料を使用。結果、クラックもはいらずに、はじめからそうしておけばよかったと後悔。でも、やはりウォッシングはエナメルだなと認識できたのでヨシとしておこう。

当初はデカールを剥がすなり塗料をのせるなりしてハゲチョロを再現しようと思ってたんだけど、なんか貼ってみたら汚損させるのがもったいなくなってきたのでそのまま。

IMG_0092.jpg

それにしてもこのスターウォーズ特有のゴチャメカ。

IMG_0093.jpg

これがほぼパーツ分割ナシで再現されているのは、出来上がったあとに見てもため息が出る。

そして。

バンダイ1/20スコープドッグ完成。

IMG_0086.jpg

これも同時進行で作っていたキット。こっちも出た当初から気になっていたけど、品切れ、値段高騰などあって何年も横目で見ていたもの。再販されてからは余り気味みたいだったので、どうせならと購入。

塗装は混色指示が多くて購入費用がかかりそうだったので、適当に単色で済む近似色(と思われる色)で。キットはバーコフ分隊仕様で装備を選択して差異を再現できるようになっていたけれど、そのへんは無視。なんとなくキリコが乗ってるんじゃないかなあというテキトーな感覚で製作。そんなわけで写真を撮ったときはミッションパックを背負わせてなかったけれど、貧乏性なのでいまは背負わせてます。

で、こっちのキットはウォッシングなし。さすがにABS樹脂使用のバンダイ製可動モデルにエナメルをぶっかける度胸はなかった。まあきっとやればやったで問題なかったんだろうけども。デカールも浮いてしまいそうだったので貼ってません。

IMG_0081.jpg

キリコと思われるひとも乗っています。コクピットがある程度の精密さで再現されたロボットプラモは大好きです。


posted by 新・極天紅 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

恋の2−4−11

フジミ1/700旧大日本帝国海軍軽巡洋艦『那珂』完成。

IMG_0076.jpg

なかちゃんだよー! というわけで那珂です。年末に某氏に買ってもらったプラモ。那珂ちゃんのことはキライになっても、梅ごのみのことはキライにならないでくださいっ!

posted by 新・極天紅 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

揃い踏み

三形態を一ヶ所に。なかなか壮観。

IMG_0075.jpg

結局バルキリーにはおとなしく通常ミサイルを搭載。大型反応弾などは、そのうちスーパーバルキリーでも買ったらそっちに搭載したいなあ。

posted by 新・極天紅 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

ドッグ・ファイター

ハセガワ1/72VF-1Sバルキリー完成。

IMG_0074.jpg

ロイ・フォッカー搭乗機として完成。やっぱりカッコいいねえ、VF-1は。歴代のVFシリーズの中で一番スキです。そういえばタミヤが同社初となる1/48のF-14を発売しましたね。ぜひ作ってみたい。となるとハセガワの1/48VF-1も作って一緒に並べたくなるのは必然。でも絶対に飾る場所がみつからないな。

とりあえずウェポンセットのミサイルを搭載しようかどうか考え中。

posted by 新・極天紅 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする