2017年09月22日

ファルコン製作その4

IMG_0175.jpg

反対側の脱出ポッドを組み立てて取り付けました。

IMG_0176.jpg

船体サイドのごちゃメカです。各所組み立てていくと密度が上がって楽しいポイントです。

IMG_0177.jpg

船体下面にクチバシをつりつけました。この時点ではクチバシが上下にグラグラして位置がよく決まりませんが、船体上面をかぶせることできっちり剛性が出るようになります。

IMG_0178.jpg

後方二ヶ所の主脚格納庫にLEDを取り付け。

IMG_0179.jpg

エンジン噴射口のLEDです。ガイドパーツで挟んでやります。

IMG_0180.jpg

取り付けてやるとこうなります。これでLEDの取り付けはすべて終了しました。

IMG_0181.jpg

船体上面開口部のごちゃメカを組み立てました。

IMG_0182.jpg

ごちゃメカの取り付け完了。

IMG_0183.jpg

続いて船体上面先端の中央部分を組み立て。

IMG_0184.jpg

出来上がっていたコクピットブロックを取り付けてやります。

IMG_0185.jpg

そしてついに船体下面と上面を合体させました。嵌めあわすガイドの数が多かったので、なかなか位置を合わせるのが大変でした。一部力任せに嵌めあわせてバキンとか音が鳴ってひやひやしましたが、無事ファルコンの全体像がほぼ出来上がってテンションが上がります。

IMG_0186.jpg

それはそれとして、プラマックスのノンナ&カチューシャが届きました。まだ芳佳ちゃんも積んだままになってますが、折を見て作ろうと思ってます。プラモの弾数は適当に多いくらいが精神衛生的に正しいのです! あんまり多すぎると逆効果ですが…。

posted by 新・極天紅 at 05:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ファルコン製作その3

ちまちま進めています。

IMG_0164.jpg

右側と同じ工程を経て完成した左側のクチバシです。ファルコンのモチーフはピザらしいですが、このクチバシ部分、いやにおいしそうに見えます。

IMG_0165.jpg

そしてメインの船体に取り掛かります。まずは船尾側下半分のパーツ。でかいです。

IMG_0166.jpg

裏側にメカパーツを取り付けることで、破口から中がちら見えします。ワクワクするポイントです。

IMG_0167.jpg

エンジン噴射口を取り付けました。ここは発光するのであらかじめ塗装しておきました。なにはなくとも黒で塗りつぶしてます。

IMG_0168.jpg

船体色を吹いてから半透明の導光パーツを取り付けました。三角の頂点六箇所にLEDが設置されます。

IMG_0169.jpg

船首側下半分の開口部につくごちゃメカを組み立てました。トラス構造物がかっこいいです。説明図が親切なのでごちゃついているわりにはすんなり組みあがります。

IMG_0170.jpg

取り付けるとこんなカンジになります。

IMG_0171.jpg

そして船首側と船尾側のパーツをドッキング。さらにでかいです。作業スペースがカツカツです。なによりこのあたりにくると管理しなければならないランナーが多くなって、山盛り状態になっています。

IMG_0172.jpg

クチバシの間のパーツを取り付け、主脚格納庫のLEDを仕込みました。ここを含め、発光する残りの部分、後方二箇所の脚格納庫と搭乗口はあらかじめ塗装しておきました。マスキングしてあとから塗装しようと思っていたんですが、砲弾型LEDの先端が思ったより突出しているので、これをマスキングするのは面倒だなと。

IMG_0173.jpg

船体右側のごちゃメカを取り付けました。どうやらここは脱出ポッドの格納庫らしいです。

posted by 新・極天紅 at 15:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

ファルコン製作その2

続けてファルコン作ってます。

IMG_0157.jpg

スキマを解消したのでエッチングパーツを取り付けました。ステンレス製の弾力のあるエッチングなので、曲げ癖をつけるのが大変です。でも柔らかいので曲げ癖をつけるのはあきらめて、片方から順番に接着していってくっつけました。

IMG_0158.jpg

キャノピーはクリアパーツを選択したのでマスキングして取り付け、細かなパーツをくっつけてコクピットブロックの組み立ては完了です。

IMG_0159.jpg

続いて特徴的なクチバシ部分に取り掛かります。まず右側のクチバシの開口部のパーツ。

IMG_0160.jpg

そこにごちゃメカを取り付けます。バンダイからアナウンスがありましたが、大スケールならでは、開口部の垂直面にもモールドが付きます。1/144ではなかった部分です。

IMG_0161.jpg

サイドパネルを貼った外装部品で挟んでやります。

IMG_0162.jpg

そこに細かなごちゃメカをたくさんとりつけて完成。

IMG_0163.jpg

裏側です。配管パーツは細いですが、柔らかく粘りのあるプラスチックなので、艦船模型のマストのごとくランナーから切り出す際にポキポキと折れたりはしません。でもやっぱり薄刃ニッパーは必須だなと思いました。

実はこの部分、配管パーツをひとつ紛失してしまいました。仕方がないので伸ばしランナーを作り、曲げ部分は流し込み接着剤を塗って軟化させてから曲げてやり、なんとかでっち上げて使っています。どの部分の配管か分かりますか…?

posted by 新・極天紅 at 05:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

バンダイ1/72ミレニアム・ファルコン製作開始

いよいよ作りはじめました、ファルコン号。ほんとはあといくつかファルコンを横目に見つつ他のプラモを作ろうかと思ったんですが、我慢できなくなってしまいました。

IMG_0149.jpg

まずはフィギュアの塗装。バンダイさんはあんまりフィギュア造りがうまくありません。ハセガワやタミヤあたりの1/72フィギュアを見習っていただきたいところです。が、あんまり細かくされてもとても塗装できそうもないので多くは語りません。

フィギュアは他にも、レイア、3PO、ルーク、オビワンがついてますが、ソロとチューイのみを乗せます。というのもルークの乗ったXウイングと一緒に飾りたいからです。記憶が確かならばルークのXウイングとファルコンが一緒に飛んだのは、第一デス・スターを破壊してから帰還するまでのわずかな間だけのはずです。その時点ではオビワンは既にフォースと一体になり、レイアと3POは司令室にいたはずなので。

IMG_0150.jpg

コクピット後方の隔壁です。発光する都合上全部がクリアパーツで成型されているので、発光部分をのこして黒で遮光しました。キットは光漏れが出ないように設計されているようですが、念のためです。

IMG_0151.jpg

コクピット内部に各種デカールを貼りました。が、あまりうまくいきませんでした。ヨレヨレのズレズレです。なにしろシャープな彫刻がびっしり施されているので、自分ではソフターを使っても密着させられませんでした。これならデカールを貼らず、ドライブラシで彫刻に色をつけて赤や青をチョンチョンと入れたほうがよかったかなあ。

IMG_0152.jpg

組み上げるとこんな感じです。おすましスタイルで座っている二人がそこはかとなくシュールです。

IMG_0153.jpg

コクピット用のLEDです。周りに光が散らないように、遮光パーツの中に入れるようになっています。

IMG_0154.jpg

LEDを取り付けました。遮光パーツの先端にある小さな穴から光が出て、隔壁から後方に伸びた板で受け、それが前方に放射される仕組みになっています。

IMG_0155.jpg

ぼんやりと光ってます。もうちょっと明るくてもいいかなあという感じです。もしかしたら遮光パーツの穴を大きくしたらもっと明るくなるのかもしれませんが、失敗したらいやなのでノーマルのままにしておきます。

IMG_0156.jpg

外装を取り付けましたが、自分の組み方が悪かったのかなんなのか、最近のバンダイのプラモにはめずらしく上下パーツの間にスキマができてしまいました。となると古来よりの方法、輪ゴム締めです。密着させたスキマには流し込み接着剤。まさか2017年販売、四万円オーバーのバンダイのプラモに輪ゴムを使うことになるとは思っていませんでした。ちょっと先行きが不安です。

そんなわけで今回はここまでです。

posted by 新・極天紅 at 14:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

電子の歌姫

バンダイフィギュアライズバスト023初音ミク完成。

IMG_0148.jpg

ミクさんです。バンダイがシリーズ化している胸像プラモの23番目です。すごく出来がよさそうだったので購入しました。完成すると思ったより大きくて存在感があります。

完全無塗装です。組み立てただけです。バンダイの色分けプラモはいよいよ完成度が高くなっているように思います。

細かい部分の色分けはシールですが、瞳や眉毛は多色成型技術で顔のパーツにあらかじめ嵌っています。すごいです。けどやっぱりシールよりはデカールのほうが好みだなあ、密着感からみて。

さすがに無塗装、無処理なので、近くで見るとパーティングラインや接合部分、ゲート跡が気になりますが、満足感は大きいです。また気に入っているキャラがキット化されたら購入しようと思います。

posted by 新・極天紅 at 13:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

フォースゲートオープン

バンダイメカコレクション ウルトラホーク1号 α号 β号 γ号 完成。

IMG_0144.jpg

α号。

IMG_0145.jpg

β号。

IMG_0146.jpg

γ号。

IMG_0147.jpg

そして三機合体、ウルトラホーク1号。

ホーク1号のメカコレは単体では既に発売済みだったけど、今回のは三機別々の販売で合体もできるというので購入。いやあ、かっこいいねえ。けどメカコレもいまや1個500円。三機買うのが前提のキットとはいえ、特にβ号、500円はちょっとお高くありませんか?

posted by 新・極天紅 at 20:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

バンダイ1/72ミレニアム・ファルコン

届きました、バンダイ1/72ミレニアム・ファルコン。ここ数ヶ月、こいつのためにプラモを買うのを我慢していたので、いまからワクワクが止まりません。

IMG_0132.jpg

箱はさすがにでかくて厚いです。ただ高級感の演出なのか、それともほかに理由があるのか、家電製品のように開封しなければならないので、中身を出したり入れたりするのが難儀です。普通のプラモみたいにカパっと開けられるほうがよかったなあ。

IMG_0133.jpg

中身です。パーツがみっちり入っています。一度出してしまうと再びしまうのが大変です。

IMG_0134.jpg

さすがに1/72、パーツがでかい。1/144とくらべるとこんな感じ。1/144もかなり大きいので、写真以上に実物は大きく感じます。

IMG_0135.jpg

細くて折れやすいパーツ群は中箱に入ってガードされていました。

IMG_0136.jpg

エッチングパーツです。プラパーツとの選択式ですが、折角なのでエッチングパーツを使うつもりです。

IMG_0137.jpg

デカールはハゲチョロが再現されていました。1/144にはなかった部分です。たしかファインモールドのキットのデカールにもハゲチョロがあったはずですが、こういう細かい部分の再現はありがたいです。

IMG_0138.jpg

コクピット、着陸脚、搭乗口、エンジンの発光ユニットです。単四電池三本で駆動します。

IMG_0139.jpg

ダメージも各所に再現されています。プロップの完全再現への意気込みが感じられます。

IMG_0140.jpg

1/144でもそうでしたが、開口部やダメージ部分のフチは薄く成型されています。リアリティアップです。

IMG_0141.jpg

懸念だったキャノピーのクリアパーツ、フレームのみのパーツと共にちゃんと付属していました。ありがたいです。

IMG_0142.jpg

説明図は60ページ近い冊子になっていました。バンダイのプラモはさくさく作れますが、これだけあるとなかなか手ごたえがありそうです。

IMG_0143.jpg

塗装指示です。1/144と同じくざっくりとしています。コクピット内部の配色などは、塗料の指示すら載っていません。『完成品も参考にして頂きつつ、スター・ウォーズの映像や資料を見比べながら、ファルコンに思いを馳せて塗装してみてください』とのことなので、マニアならそのくらい自分で調べろというところでしょうか。自分は好きではあるけれどマニアではないので、なんとかがんばって色を探そうと思います。

なんにせよ、待ちに待ったファルコン。楽しみながら作りたいところです。が、その前に。せっかくなので楽しみを引き伸ばすために、ちょっとしたプラモを買ってこようかなと考えています。ファルコンを横目でみながら別のプラモを作る。これを作り終えてもまだファルコンがある! 我々はあと10年は戦える! そんな歪んだ楽しみ方もまたオツなものかと…。

posted by 新・極天紅 at 17:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

予約開始

と、いうことで、予約してしまいました、バンダイ1/72ミレニアム・ファルコン号。いまのところ唯一の販売窓口であるプレミアムバンダイはキャンセルを受け付けていないので、即ち購入決定ということです。

もう少し情勢を見てからにしようかとも思っていましたが、今回の生産分には限りがありますなどと煽られては黙っていられませんでした。ううむ、いままでに買った単品プラモの中では最高金額の43200円、さすがに胃が締め付けられます。

まだバンダイからは発売日の正確なタイミングは発表されていないようですが、情報サイトなどによると8月28日とのこと。まだ二ヶ月ちょっとありますが、楽しみです。

ただ、気になる点がひとつ。今回バンダイさんは『1.7mサイズの撮影用モデルの完全再現』を謳い文句にしてファルコンをプッシュしています。ご存知でしょうがスターウォーズのビークルのプロップには撮影上の邪魔になるとの理由で、キャノピー、透明なガラス(?)部分がついていません。

当然それを再現するわけですから、プラモの方もクリアーパーツはナシということになります。これまでにバンダイが発売してきたビークルには、一部キットを除いて、キャノピーの枠だけのパーツと、きっちりガラス部分も再現したクリアーパーツがふたつついていたのですが、今回はそのアナウンスがいまのところありません。

コアなスターウォーズファンのモデラーさんは、いままで種々発売されたビークルにおいて、このキャノピー部分をくりぬいて枠だけにするという工作を定番として行っていますが、自分は別にプロップの再現モデルが欲しいのではなくて、あくまでスターウォーズ世界のビークルのプラモが欲しいのです。だからプロップにガラスがついていなくても、劇中の設定でそこにガラスがあるのなら、しっかりそれを再現したプラモを望むのです。

どうでしょう、いままで枠だけとガラス入りのパーツが両方ついていたんだから、今回もついていると見るべきでしょうか。それとも完全再現の名に則って枠だけのパーツしかないのでしょうか。新たな情報が出るまでどきどきです。なければないでバキュームフォームでもして自作する…なんて技術は持ち合わせていないので…。

posted by 新・極天紅 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ついに…!

millenniumfalcon_72_1_special_01.jpg

バンダイから1/72ミレニアムファルコン今夏発売の告知が! しかもエピソード4バージョン!

いやあ、いつぞやのどこぞでのホビーショーかなにかに参考出品されていたから、いつかは出るとは思っていたけど、こうして発表されると感慨深いものがあるなあ。

ファインモールドの1/72ファルコンは結局買えなかったし、今度こそは。既に製作済みの同スケールXウイングと並べたいもんね。

なんてね、ウキウキしてたんですよ、お値段を見るまでは。

43200円。

いやね、まあ、するよね、そのくらいは、うん。

貯金しますから在庫切れにだけはしないでください…。

posted by 新・極天紅 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

大後悔しないための布石

dkj7.jpg

大航海時代5をやってます。ブラウザゲームですが楽しいです。過去には無印の大航海時代と大航海時代オンラインをプレイしていたことがありますが、5は手軽に出来るのがよいです。

dkj6.jpg

交易をしたりできます。

dkj5.jpg

発掘もできます。

dkj4.jpg

戦闘もやれます。メインシナリオを進めると航海できる範囲が増えますが、なかなか難しいのでここのところは戦闘一本槍でプレイ中。

ところでなぜ急に大航海時代に手を出したかというと。

dkj.jpg

ご覧の通り、アトリエシリーズのキャラが手に入れられるコラボ企画があったからです。アトリエシリーズは初代のマリーと、トトリ、メルルしかプレイしていませんが、好きなんですよねえ。

dkj2.jpg

トトリも手に入れてあります。

dkj3.jpg

スケさんもいます。スキルが優秀です。あとひとり、ロロナを未入手なのが残念。

で、それはそれとして。

sno.jpg

このセットが欲しいのです。ほんとはスノウマンだけが欲しいんですが、あれは限定品なのでいまとなってはこのセットを買わないことには入手できません…たぶん。

しかしこのセット、アマゾンで約一万円します。一万円…ちょっと、というか大分考えてしまいます。でもこのセットからして限定品なので、買っておかないと入手できなくなる可能性が大。ううむ。

ton.jpg

で、このセットにおあつらえ向きのガレージキットが出ていたりして。トナカイガール。

san.jpg

そしてサンタガール。どちらも約四千円。全部購入すると二万円近い出費に。これはちょっと現実的じゃない。

non.jpg

そこでこのキットです。これはすでに予約してあります。ノンナです。カチューシャです。ガルパンのキャラですが、ロシア色の強いキャラなのでスノウマンにぴったり。スケールも1/20で同じ。これはもう並べて飾るしかないでしょう。世界観はめちゃくちゃですが気にしません。以前買ったガルパンデカールからプラウダ高校の校章を貼れば、あっというまにマシーネンクリーガーとガルパンの融合です!

と、現在自分を追い込んでいます。はやく買わないとなくなりそうで怖い。

posted by 新・極天紅 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

移設中

auのHP代理公開サービスがそろそろ終了するので、はまち天国の移設中です。とりあえずここへのリンクと小説の移動が完了したので暫定公開中。このブログの左側にあるはまち天国のURLも変更しました。

それにしても、移設先のHP作成方法がまだよくわからなくて四苦八苦。FTPもHTMLもつかわずに作成出来るのはいいとして、やりたいことがどうやったら出来るのか五里霧中。

そのせいか、なんだかとても昭和の香りのするサイトデザインになってしまっています。小説もガッタガタに表示されてしまっているので、なおしていかないといけないなあ。

以上、おしらせでした。

posted by 新・極天紅 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

欲しいもの

紫電改のマキやら宮藤芳佳ちゃんやら、積んであるキットがあるにも関わらずに次は何を作ろうかとアマゾンあたりを物色していたら、ちょっと凄そうなのを見つけました。

rc166.jpg

タミヤの1/12オートバイシリーズから、RC166です。レトロバイクなのに定価五千二百円とお高めな設定、高級感の漂う箱絵など、お、と思って見てみれば、ホイールセット、フロントフォークセット、チェーンセット、リベットセットなど、ディティールアップパーツもたんまり別売りされている様子。

これは相当リキの入ったキットだなと思い、ホビーサーチ(説明図の写真まで載っているので事前に必要塗料なども調べられるお役立ち通販サイト様)で中身を調べてみれば、なるほど、これはお高いはずだと唸ってしまう内容でした。興味のある方は下記URLからどうぞ。

http://www.1999.co.jp/10224235

これは作ってみたい。出来れば別売りパーツも全部使って。でもそうするとお値段が…と煩悶しております。キットだけでも買ってしまおうかなあ。発売された年が2009年なのに、どうしていままでチェックしていなかったのかと後悔しています。

それにしても。いいよねえ、レトロバイク。むかーし自分もスズキのバンディット400LTDというヨーロピアンカフェレーサー風のバイクに乗っていました。

ltd.jpg

画像はシリンダーヘッドの赤い『V』ですが、自分のはノーマルのものでした。グラマラスなロケットカウルが自慢だったけど、友達からは散々族車だ族車だといじられたっけなあ。

いままたバイク熱が高まってきて、バイクが欲しくて仕方ありません。

est.jpg

このカワサキのエストレヤなんかシブくてカッコいいなあと思うんですが、なにせお値段が五十万をこえるのでなんとも…。せめてどこかがプラモで出してくれたら、それを買うのになあ。

posted by 新・極天紅 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

冬季迷彩習作

タミヤ1/48U号戦車A〜C型完成。

IMG_0130.jpg

冬季迷彩の練習兼某氏への貢ぎ物として製作しました。当初はKV-2かT-34でやろうと思っていましたが、売ってなかったのでU号です。このキットのU号はフランス戦線にいた車両なので冬季迷彩はありえないと思うんですが、そのへんは考えていません。

ううむ。難しいです冬季迷彩。はじめは筆で塗ってそこらじゅう剥げ剥げにしようかと思ってたんですが、某氏がうっすらカドが透けているくらいが好みだと言っていたのでエアブラシで塗装しました。こういうとき、デカールはどうするんでしょうか。白の上から貼るのが正解なのか、そこだけ塗らずにおく、あるいは剥がしてしまうのが正解なのか。たぶん車両ごとに違うんでしょうけども。今回はうっすらデカールの上にも吹いてしまいました。

アマゾンあたりでKV-2でも買って、もう一回練習したいなあ。

posted by 新・極天紅 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

チャリンコ

タミヤ1/35ドイツ歩兵自転車行軍セット完成。

IMG_0125.jpg

だいぶまえに、某氏改め元自衛官氏に買ってもらっていたキット。ようやく銀輪部隊の完成です。なんというか、謎のチョイスです。

このキット、フィギュアのポーズが三種ありまして、自転車に乗ったもの、自転車を押して歩くもの、立ち止まったものの内、二体を選んで製作するようになっています。なぜ二体かというと、自転車が二台しか入ってないからです。

で、自分は自転車を押して歩くものと、立ち止まったものを選択しました。なぜって自転車に乗ったものは自立ができないから。ディオラマ作るわけじゃないしねえ。

IMG_0126.jpg

結果、ランナーの都合上二体入っていた立ち止まったものの一体、自転車に乗ったもののフィギュア一体、計二体が丸々あまりました。

もったいないな。なんかに使えないかなこれ…。


posted by 新・極天紅 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ガチャガチャ

IMG_0124.jpg

プラモ屋さんにいくたびに気になっていたガチャガチャをやってきました。キノコとアマガエルシリーズ、一回四百円。ちょっとお高いけどいいデキです。アマガエルかわいいよアマガエル!

posted by 新・極天紅 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

私は改になりたい

タミヤ1/72紫電11型甲完成。

IMG_0123.jpg

新橋のタミヤプラモデルファクトリーで某氏に買ってもらったキット。紫電改ではなくて紫電をチョイスするあたりが某氏らしい。

72の大戦機をつくったのは五年ぶりくらいだけど、コレクションするにはいいサイズだなあ。なんかこう、眺めているとどんどん集めたくなってくる。

posted by 新・極天紅 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

世界のペリスコープから

タミヤ1/48JS-2、M26パーシング、V号突撃砲B型完成。

IMG_0122.jpg

クロムウェルを贈らせていただいた某氏より製作依頼…というか無理をいって買ってもらったに等しいJS-2とパーシング。こちらはクロムウェルと同じくまったくの汚しなしで完成。

JS-2の識別帯、手描きの雰囲気を出そうとフリーハンドの筆塗りでやったところ、必要以上に手描き感満載になってしまい後悔しきり。マスキングすればよかった。リペイントしようかとも思ったけれど、塗料がなくなってしまい断念。お詫びの意味を込めて、先日新橋の串かつ屋さんで奢ってもらったときに近くにあったタミヤプラモデルファクトリーで購入したV突を追加製作。

V突は汚しを入れてもいいよとお許しを頂いたので好き勝手に入れる。三種共に発送済みなのでもう手元にはない。クロムウェル共々どっかに飾ってやってください。

某氏、どうやらロシア戦車は冬季迷彩がお好みの様子。JS-2は塗料が手元になかったのでロシアングリーンで仕上げたけど、今度はKV-2かT-34を購入して試してみよう。まだ冬季迷彩はやったことがないので、どうやったらいいだろうかと思案中。下地がうまいことかすれて見えるように仕上げたい。

posted by 新・極天紅 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ここも腐海に沈む…

バンダイ1/20カイに乗るナウシカ完成。

IMG_0114.jpg

ふらふらっと購入したキット。懐かしい。ツクダが出していたころに作った覚えがあります。このキットはバンダイが色々と改修を加えたものですけど、作っている時の気分は昔と同じでした。

IMG_0118.jpg

モノがモノだけにエアブラシの出番はほとんどなし。ほぼ苦手な筆塗りで頑張りました。ほんとに目がついていかなくて、本気でルーペの購入を思案中です。瞳がデカールじゃなかったら完成しなかったかもしれません。

IMG_0119.jpg

苦手は苦手なりに、やっているうちに筆塗りが楽しくなってきました。王蟲とナウシカも買ってしまおうかなあ。あと写真がどうしてもピンボケになってしまうのはどうにかならないものか。粗が隠れてボケてるほうがいいのかもしれないけど。

posted by 新・極天紅 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

惚れるより慣れろ

タミヤ1/48クロムウェルMk.IV完成。

IMG_0112.jpg

お世話になっている某氏にいい物をもらったので、お礼に送りつけるクロムウェルです。某氏の希望により汚しは一切なし。ドライブラシはもちろん、スミ入れもしない状態での完成です。

クロムウェル、単純な四角で弁当箱みたい。かっちょわるい戦車だなあと思ってたけど、作ってみるとこれがなかなかカッコいい…ような気がしてきた。イギリス戦車もいいものだなあ。収穫収穫。

というわけで某氏、近々送付するのでどっかに飾ってやってください。

posted by 新・極天紅 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

でかくておもい

ハセガワ1/48VF-1Sストライクバルキリー完成。

IMG_0108.jpg

完成しました、フォッカー様のストライクバルキリー。ノーマルバルキリーのスマートな外観から一変して、重量感のあるずんぐりむっくりが強そうです。1/48は思ったより大きくて、小スケールの精密さもいいけど、大スケールの存在感もいいよなあ、と眺めながらニヤニヤしてます。

IMG_0109.jpg

それにつけても、大きさはともかく重量も結構あったりして、脚が破損しないかとひやひやしてます。移動させるときは緊張します。

IMG_0110.jpg

とりあえずパソの上に鎮座ましましておられます。移動が怖いので、たぶんここが定位置になると思われます。

posted by 新・極天紅 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする